ビギナー向け アオリイカの基本的な釣り方(ヤエン釣り)

アオリイカの基本的な釣り方(ヤエン釣り)

ヤエン釣りに必要な道具です。

仕掛けは道糸にハリをつけるだけのシンプルなもの。

ヨリが掛かるので、サルカン付きの尾バリを使うのが一般的です。

 

アジには、ゼイゴという固い部分がありますので、そこにハリを掛けます。

 

 

そして、軽くキャスト

ライナーのように飛ばすと、アジが弱ります。

ソフトタッチで!

着水する瞬間にサミングをすると、頭から着水します。

 

 

アジが着水したら、すぐに竿を竿掛けに置くのではなく、

しばらくはアジを手持ちで泳がせましょう。

張って、緩めての繰り返しで、アジが中層から海底近くを泳ぐようにイメージをしながら

道糸を送ります。

道糸を張りっぱなしだと、糸で引っ張られてるので、アジは潜りません。

 

しばらく泳がせて、中層から下層辺りを泳ぐようになったら、

竿掛けに竿を置いて、アタリを待ちます。

ずっと放置しないで、道糸を出したり、巻いたりしてアジをコントロールします。

 

アオリイカがアジを抱いたら、走り出します。

この時に、慌てて糸を止めると、捕まえているアジを離してしまいます。

糸が出るのが止まるまで、待ちましょう。

 

しつこく、糸が出る場合は、オープンベールで道糸をフリーにします。

抵抗が掛からないので、走りが止まりやすくなります。

こちらは2.2キロのアオリイカが乗った時の動画です。

 

ヤエン投入の手順です。

①イカがアジを抱く。この時はアジの首根っこに喰らいついて、アジを殺そうとしている。

慣れてくると、アジが死ぬ瞬間が竿先で分かるようになります。

②イカが走る。この時は走らせてあげましょう。

これはイカの習性ですので。

リールの糸はオープンにすると抵抗がかからなくなるので、だいたいは止まります。

ただ、走らせれば走らせるほど、獲れる率は下がります。

藻を巻いてしまいそうとか、岩に絡みそうなときは、完全に糸を止めて、一旦バラシましょう。

25mくらいは、アジを引き戻してもイカは見えているので、1/2の確率で乗ってきます。

③ここからが心臓がドキドキする寄せの時間です。

水面と糸の角度が45度に近くなるように寄せます。

という事は、4mの竿より5m、5mより6mの竿の方が早くヤエンを入れる角度を作れるという事です。

イカを浮かせないといけないので、竿は横に寝かして寄せます。

ここでは間違っても、リールを巻いて寄せないで下さい。

竿の胴にイカの重さを乗せて、体を回すようにゆっくりと竿を寝かして

体を回した分だけ、糸を巻きます。

この時にイカが反発して噴射しても、竿でついていき、糸は出さない。

ここでバレるのは、竿で反応するのが遅れる場合か、竿が硬いかのどちらかです。

④概ね15mから20mまで寄って来ると、ヤエンを投入できる角度になっています。

ヤエンを口に咥えて、リールのベールを開け、リールの糸を指で押さえながら、右手に竿を持っていたら、そのまま竿を後ろに寝かすと、自分の頭の上に道糸が来ます。

竿の穂先に道糸が絡まないように、テンションをかけておき、道糸を手で持ってすばやくヤエンをセットし海中へ!

ヤエンが海中に入るまでは、手から道糸は離さない!

⑤すばやくリールを巻いて、ヤエンが海底でからまないようにする。

⑥ここからはヤエンを送る動作と、イカを寄せる動作を交互に行ないます。

なぜこの2つの動作をするのかは、こういう理屈です。

※糸の角度が急すぎてヤエンにスピードが乗ってしまうと、イカがビックリして噴射するため。

 

竿を立てて、角度を作りヤエンを送る。竿を斜めにして、イカを寄せる。

この時もリールで寄せずに、体を使って寄せます。

⑦合わせは必要ないので、10mくらいまで近くに来たらそのまま竿を

立てて、角度を維持!

⑧イカがヤエンのかけバリに当るとびっくりして噴射して逃げようとします。

この時に、ヤエンにガッチリかかる訳です。

タマなり、ギャフなりで取り込みを行って下さい。

 

追記:イカを寄せる段階で、イカの大きさがだいたい分かると思います。

あまりに小さいイカの場合は、ヤエン投入は考えてあげてください。

メスイカの大きいのも、ヤエンの掛かりがいい場合以外はリリースして

あげて下さい。

胴に空気が入ってしまった場合は、すぐに死んでしまいますので、

持ち帰って「頂きます」をして下さい。

いつまでもイカが釣れる様に配慮することも、イカ師の心意気だと思いますので!