アオリイカの基本的な釣り方(ウキ釣り)

アオリイカのヤエン釣りは難しそうという方には

ウキ釣りはいかが?

エサをつけて、投げて待つだけ。

ウキが沈んだら、大きく合わせるだけでアオリイカゲット~

 

ただ、ヤエン釣りはアジが自由に泳ぎ回り、自らアオリイカを誘いますが、

ウキ釣りの場合は、ウキ下が決まっているので、その範囲内でしかアオリイカにエサをアピール出来ません。

アオリイカの棚さえ、把握すれば、エサの近くに掛け針がついているので、

取り込める確率はヤエン釣りに比べると、大幅に上がります。

がまかつのウキ釣り仕掛けセット

 

 

ササメのウキ釣り仕掛けセット

 

エサの活けアジの付け方です。

現地で釣れたネンブツダイやイサギの子などもエサとしてOKです。

また、ヤエン釣りで使った弱ったアジでもOK。

 

小さなアオリイカだと引き抜けますが、500g以上のアオリイカはタモかギャフを使いましょう!

ウキ釣りには、外道として、ヒラスズキやメジロ、ハマチ、カンパチ、ヒラメなども掛かる事も。

うれしい外道ですね!

アオリイカのウキ釣り仕掛けです。

必要なものは

・2号~3号相当の磯竿(5mくらいが使いやすい)

・リールはスピニングタイプ(ドラグは前後どちらでもOK)

・ウキ止め糸

・シモリ玉

・電気ウキ(自立タイプが使いやすい)

・シモリペット

・ウキストッパー

・サルカン

・市販のイカ仕掛け

竿側から

うき止め⇒シモリ玉⇒ウキ⇒シモリ玉⇒ウキストッパー⇒サルカン⇒イカ仕掛け

このような順番で仕掛けを作ります。

 

 

 

 

鼻にハリを掛けバリを通します。

棚は夜間は1ヒロ~2ヒロ 日中は2ヒロ~4ヒロぐらいで最初は様子をみて

反応がなければ、徐々に深くしてください。

 

アジの重さではなく、ゆっくりウキが沈んでいけば、

イカがアジを抱いていますので、ゆっくりと糸ふけを取って

大きく合わせてください。

仕掛けは天秤式になっているので、合わせを入れると跳ね上がり

イカの胴体に掛かり、びっくりしたイカのジェット噴射でさらに深く胴体に掛かります。