ビギナー向け アオリイカの適水温

ariika

アオリイカ釣りで大事な要素である「海水温」

南紀で一番活発にエサを追うのは23度から20度

だいたい24度くらいからアオリイカのサイズも良くなり、

本格的なシーズンインとなります。

南紀では黒潮の影響で、真冬でも水温はあまりさがらず、

1月でも20度前後あり、冬場の季節風である北西風の風裏に回れば

良型サイズの数釣りも堪能できます。

2月をすぎると17度くらいまで下がり、アオリイカのアタリは減り始めますが、

3キロクラスの一発でかいアオリイカがありますので、この時期でも狙いに行かれる方は年々増えています。

2月下旬から3月初旬は、1年で一番水温の低い時期、串本やすさみエリアでも15度台まで落ちます。

みなべ周辺は14度くらいまで落ちます。

この時は、さすがにおかっぱりからの釣りは厳しくなりますが、

串本の一部では、レッドモンスターと呼ばれる4~5キロサイズの赤イカ系のアオリイカがエギで仕留められています。

この超大型アオリイカが狙えるのは、長くても2潮、だいたいは1潮(2週間程度)で終わります。

 

3月下旬から水温が上がり始め、

16度に達した南紀の南側から釣れ始めてきます。

串本から始まり、すさみ、白浜へとアオリ前線は北上してきます。

だいたい白浜は4月くらい、田辺は5月、みなべはGWあたりです。

GW辺りはだいたい20度くらいになっているので、

白浜からみなべ間なら、どこでも狙えますが、

個体数は少なく、産卵を意識したアオリイカなので、

警戒心も強くなっています。

ピーカンの天気の日よりも、曇りや小雨の日、

低気圧が接近する荒れる天気の前の日などは

大型のアオリイカが地磯や堤防から釣り上げられています。