★底物イシダイ釣り情報★【9月21日更新】

9/21

地磯でもイシダイが上向きになってきました。

今、釣れるサイズはメスの50cmくらいまで。

昨日は、白浜見草のB地磯で50cm、白浜のK地磯で48cm

渡船では、田辺の沖磯(上の鼻、小ジブ、大ジブ)、みなべ堺の平島裏、出雲の沖の赤島で釣れています。

水温が25度台になっています。

黒潮図を見ると、黒潮本流から分岐流が白浜辺りまで届いて、

綺麗な潮色で上りの潮となっています。

今週末は期待できそう!

上の写真は、日置沖磯の地の長島です。

ここも最近は、底物場となってきて石鯛の釣果が出ています。

 


9/20

昨日はみなべの灘大島にイガミ釣りに行きましたが、

一緒に乗った10年くん。

1投目から、オスのイシダイ!

その後も、舞い込んだり、舞い込みかけて竿が跳ね上がったりと

見てても退屈なしです!

12時上がりで、なんとイシダイ4枚。

10年くんお見事です!

 

写真は、灘大島から、大島を写しています!

 


9/13

せっかくの連休ですが、台風がこっちへ向かってきそうです。

土曜日の午前だけなら、白浜の袋や富田、田辺、みなべ辺りなら

竿が出せるかもしれません。

椿より南側は連休全部波でダメと思います!


9/6

名人K氏 今日は石鯛3枚。1枚はぴったり60cmでした。

朝8時ずぎに持ってきたので、今日は大漁です!

名人K氏は秘密のポイントを何箇所か持っていますので、

どこでとは絶対に言ってくれません。こちらも聞きません。

事前にエサを入れていますので、ばれてしまうと意味がないのです。

60cmに掛かっている仕掛けは、ケプラーの仕掛けで、鈎が割と小さめ。

小鈎は大物が来た時に、鈎が折れると言いますが、

竿が柔らかいので、案外大丈夫なのかもしれません。

9月に入って、黒潮は離れて、内海系の潮が下りて来てますが、

海の魚は絶好調になっています。

 

 


9/4

今日は白浜の辺りは下りの潮だったようです。

水温も少しずつ下がって、内海系の潮も混じっていると思いますが、

26から高い所で27度になっています。

今日は市江の大島に行かれた常連のお客様。

イシダイ1枚とイシガキ1枚を釣ってこられました!

11時くらいまでは、ウニはちょい割り状態であがってきて、ミソもそのままという状態だったそうです。

11時を回ったら、急に竿が入って、イシガキでそのあと、イシダイが来たそうです!

こちらは、釣太郎オリジナルの別冊潮時表

11時は潮返しの時間ですね!

大潮の時は、干潮間際や上げに変わってすぐに竿が舞い込む事が多いです!

今日の大潮での時合は、朝5時半くらいから6時半

昼は11時くらいから、13時前くらいでしょうか。

リアルは、ここに潮の流れで魚の動きが左右されます!

 


9/1

水温28度台

さぁ、9月になりました。

スタッフも9月になると、我慢できる暑さになるので、

イシダイ釣りに出かけます!

今週末は、東よりの波なので、竿出しは難しいと思いますが、

週明けの4日くらいからは、波は落ちてきそうです。

 

9月はベタ凪になる日は、少なく、多少の波ありの状態が続きます。

釣れるイシダイのサイズは、梅雨時期に比べると、小さくなりますが、

イシガキダイやイガミ、ヒブダイにアオブ、タマミなど

舞い込みは多発しますので、面白いです!

ウニは40個あれば、昼すぎくらいまでは遊べると思います。

下記の写真は、9月7日 高岸でサンバソウ40cm

9月10日 川口大島 イシダイ52cm

秋は浅いポイント、這わせの天秤仕掛けが良い釣果に繋がると思います!

 

 

 


 

コメントを残す