魚種別の釣り方 グレ・フカセ釣り編【グレの棚 棚とウキ下の違い】

グレ釣りの基本、ウキ下とタナについて。基本だけど難しく奥が深い、固定~誘導、スルスル、飛ばしウキ・アタリウキを使用した2段仕掛けなどなど様々でそれぞれ概念がかわってきます。

 

タナとウキ下の基本は動画参照してください

 

 

 

同じ魚といえど地域がかわれば喰い方、動き方を変えますので考え方が大きく異なります。

3本目の動画の説明は下層でエサを食べるグレを狙うときの基本だとおもってください。

エサがとられれば仕掛けが馴染む前にエサを触りに来てアタリがとれなかったりするので浅くします。残れば動画のようにどんどん深くいれるようにしましょう。これが超基本です。

 

 

上層にふらふらと浮遊しているエサばかりを食べに来ている場合、とったウキ下が長くもともと遊泳しているであろうタナにサシエが届いても全く見向きもしません(沈ませ方、サシエを置く位置で対応できることもあります)。これはあまり知られていませんが釣れない場合の理由その①といっていいほどです。上から沈下してくるエサを拾う動きになってくれば自分が食べたい居心地のよいタナや潮の中より下にあるエサは見向きしない傾向があります。

 

タナ≠グレがもともと泳いでいる、居ついている水深

 

グレが喰い渋りの場合、底の方で吸ったり吐いたりしているのを想像をしませんか?

エサをさわらないとそのタナには魚がいないと判断しますよね?喰い渋りでもかなり上層まででてきていることがよくあるということです。

設定したウキ下が馴染むまでに通り過ぎた水深にでてきたあまり元気のないグレはサシエは全く触りません。上層にふらふらでてきて横の動きをしているグレにたいしては極端に短いウキ下設定である程度上層でサシエを漂わせる。ハリスの真ん中にガンダマ一点打ちでL字をわざとつくってあそばせたり、ウキごと潮にかませて竿先からハリまで一直線にして横動きのグレのタナにあわせてみましょう。いずれもアタリは小さいのでわかりにくいかもしれませんが、グレは上物ですから浅くすることも大事ですね。これは釣り座から遠いとウキ下が判断し辛いのでどんどん設定をかえてみましょう。

いずれもアタリの出方が違うのでなれるしかないですね

 

「グレは深いタナ」に縛られている方、鎖を解いて一度浅いタナをねらってみませんか?真冬でもです。

 

撒かれたエサは常に上からくるのに対しグレはその下からエサのほうにでてくるからです。⇒ここがエサを口にする「タナ」です。

なのでその天辺に針がついたエサをもっていく→その水深と潮流での馴染みを計算した仕掛け。これがウキ下なのです。

 

そしてなによりグレは海の色とあわせて体色を似せるという特徴をもっていますので(赤や金にはなりませんが)限りなく浅いところにきていても見えないことも多いようです。

 

※磯についた海苔をはんだり虫エサをほじる動きや落ちたエサを拾う場合フカセ釣りのイレギュラーとして本項ではあげていませんのであしからず。

喰わせる動作、誘いについては別項でふれていきます。