魚種別の釣り方 グレ・フカセ釣り編【グレフカセ釣りの仕掛け】

グレ狙いの仕掛け編です

まずは簡単に動画説明です

一般的に誘導仕掛けとよばれているものです。

 

ビギナーさんにオススメ仕掛けもございます

 

仕掛けを馴染ませるためにはハリ、サシエ、ハリスなどの重さで自然な沈下を演出するためになるべく軽い仕掛けというのがセオリーですね

こだわらずに錘使いも慣れましょう。錘をうったほうが簡単に釣れることもあります。深いタナを狙ったりエサトリの種類などでうったりはずしたりですね。

その場で仕掛けを馴染ませる、グレの口元にサシエを届けるために最低限の鉛を計算していくと必然的にウキの浮力が決まってきます。

ウキの浮力を決めてガンダマの重さをあとから決めていませんか??逆ですよ!!

 

 

ウキ止めを入れない、スルスル仕掛けです。全誘導や全層釣法など呼び名はいろいろ

ウキ止めをいれないということはサシエの沈下が幅広く探れますね

軽ければかるいほどマキエと同じように沈下できどこかのタナでグレが狙えます。グレ以外でも真鯛やチヌ釣りにも人気の釣法です。どのタナで喰っているか細かいタナやウキ下を把握するのには熟練しないと難しいかもしれません。

スルスル仕掛から今度は玉ウキを固定します。

仕掛ヨウジ等ありますが、爪楊枝を使う人少なくありません。

スルスル仕掛け(全遊動仕掛け)や半遊動仕掛けよりもアタリが出やすくなります。

アタリがなくサシエがとられる場合は固定の仕掛けが一番です

 

円錐ウキを飛ばしウキとして使用し小さなアタリウキを固定にして小さいアタリをかけあわしにいく釣法も。

昨今ではあまりみなくなりましたが理に適った釣法です。