夜釣り初心者ページ 『近況と荒天時の無理な釣行は控えよう』

『近況と荒天時の無理な釣行は控えよう』

ここで、荒れていても釣りができる場所?とよく聞かれますが【荒れている=危険=安全ではない】というのが現状でスタッフも中々皆様にはおススメしにくいんです。

特に初心者の方や、初めて行くという方はその釣り場での引き際、危険と判断しすぐさま釣りを終了し避難するといった判断ができなかったり、遅れたりという事で救助されたり、怪我をされたというのを今までに何度も聞いたことがありそういった状況に皆様をあわせるわけには行かないので極力荒天時などのご案内は控えさせていただいております。

ご了承のほどお願い致します。

そこで、一応ですが荒天時(台風直撃時以外)の比較的まだ安全な釣り場としてご紹介できるのが、

↓田辺市の文里湾内の釣り場(海上保安庁)

白灯台の付け根付近がよく、マダイ・チヌ・コロダイ・コショウダイの大型の実績多数!

 

この文里湾内は台風時周辺の船の避難港ともなりますので比較的安全に竿出しが可能です。

車横付けポイントですのですぐに危険と判断できれば立ち去ることもできるのでお勧めです。

 

 

 

↓みなべ町堺堤防

真ん中の漁協の周辺だと釣りが可能かもしれませんが、市場の機械などが多く設置されていますのでなるべく邪魔にならないよう離れて釣りをおこなって下さい。

 

地図でシーラビットと書かれている場所付近の漁港奥に氷を船に搬入する鉄塔が建っております(通称製氷機下)

ここは海底にほとんど何も無いような場所ですが荒れたときは超大型マダイやコロダイが釣れる事もあります。

 

ご紹介しましたが危険と判断し釣りを止める、自分の身を守るのはあなた自身です。

釣りを中断し逃げるのも釣技の一つです。

無理をしなくても命あればいつでも釣りができる。

釣りは楽しむもので命を危険に晒してまで行うものではありません。

毎年荒天時に無謀な釣り人が沢山来られます。

夜の海・磯は危険です。荒天時は更に危険。

決して一人で行かずに、磯場を知った熟練の方と行くのがいいでしょう。

 

梅雨~10月後半(水温が21℃以上でよく釣れ始め、23℃以上~30℃が最適)

海が波や水潮などで濁っていてもつれます。