スタッフボリ兄のキス釣りブログ(クーラーボックス編)

 

【低価格・改造】キス釣り用クーラーボックスに改造! 【ボリ兄】

2017年最新版は↑

2016年↓

最近キス釣りが楽しくてしょうがないボリ兄です!

コンセプトは『チョイ投げ+一本針+コンパクト+手軽+ゲーム性』です 🙂

投げ釣り=キス釣り=多本針で遠投のイメージが強いですが、ここ数年ササメやハヤブサから出ているちょい投げ釣りシリーズが出てからは気軽にちょこっと楽しむ釣りに代わってきています

私自身ここ最近まではやったことはあるものの中々まとまった数も釣れない、小さい魚は小骨があるから食べるのが面倒(骨トラウマ)で敬遠していました。

しかし、友人に誘われてエギングロッド・アジングロッドで手軽にやるようになり、慣れている友人に横で大差を付けられて少し本気に取り組んでみました所、段々と数が出るようになりキスの強烈なアタリが面白くなって少しづつフカセ釣りの合間に行くようになりました!

私の性格上、人と同じのが嫌で工作好きともありまして、キスの生態・捕食行動など調べて仕掛けのセッティングなどをアレンジしていきました。

さびき方(引き釣り方)も工夫し、釣果も伸びてきましたよ~~!

と言うことで、今年は3月の試し釣からキスにのめりこんでいて、クーラーボックスもとうとう改造するまでにw

安いクーラーボックスをキス釣り用にチャチャっと改造したものを紹介するので皆さんもぜひお試し下さい

釣りが快適になりますよ~~!

まずは、

IMGP2630

10L前後のワンプッシュタイプで開くクーラーボックスを手に入れて下さい!

左から、厚手のジップ付き袋2枚、木箱のエサ入れ、小分け用のエサ箱、魚つかみ、石粉ボトル、水汲み(クーラーにぴったり収まるもの)、氷。

これを用意してクーラーボックスに組み合わせていきます。

IMGP2632

水汲みバケツをクーラー内にはめてここに釣ったキスを入れていきます。

ちょうどいいのを探して下さいね~~

IMGP2633

氷(釣太郎100円氷)を本来は半分に割り、ジップ付き袋に入れてひとつは水汲みへ、ひとつはクーラーボックスの空いたスペースに入れます。

キスを入れる場合は水汲み内に海水を入れて氷でキンキンに冷やします。

その海水にキスを入れていくんです 😆

使用例↓

IMG_4308

撮影のためにジップ袋氷は抜いています。

S__19537922

海水量は氷ひたひた程度が氷が解けにくく、海水もよく冷えます!

海水魚は真水に当てないほうがいいと考えておりますので

IMGP2634

空いた右側のスペースの氷の上に木箱エサ箱を置いて炎天下の下でも虫が弱りにくいように冷やしておきます。(冷えすぎる場合はタオルなどを間に入れます。)

IMGP2635

クーラーの外側に取っ手を取り付け、そこに小分け用のエサ箱と魚バサミをセット!

一回一回クーラーを開けてしまうと冷気が逃げて氷がすぐに解けてしまいます。(安いクーラーボックスなので保冷力が・・・・・w)

その小分けしたエサに振り掛けるのはクーラーボックスの中に見えている石粉です!

振り掛ける程度でいいですよ!

ここまでくればセット完了!

後は、エサ付けなどで手をあけたい場合、砂浜に竿リールは置きたくないですよね!

IMGP2631

ここで、この100円均一に売っている物干し竿を上げ下げする伸縮棒を購入して、安い塩ビのパイプを切って加工して取り付けて、差し込みました。

これでっぽくなったでしょ?

正味、外回りで300円前後で出来ます!

IMGP2636

さ~今年はキス沢山釣って食べるぞ~~!!

キスフライ最高!

FullSizeRender