イガミ釣りの夜明けぜよ

台風12号からきょうまで、海の濁りはいまだ完全に取れないようです。

台風14や熱低の影響です。この熱低も明日には台風に変わるようです。

なかなか平時のように戻りませんが、嬉しいことにお客様は少しずつ戻ってきてくれています。

きょうも早朝からホンダワラやウニ、オキアミ、アミエビを買いに多数のお客様が来て下さいました。

 

この時期はイガミ(標準和名=ブダイ・舞鯛)がよく釣れるというので、イガミ関連のエサや道具もよく売れます。

イガミといえばホンダワラ。これ、紀南地方ではもはや当たり前ですが、イガミをウキ無しで釣る“ズボ釣り”も人気。

ズボ釣りをされる方には、スガニが人気です。ていうか欠かせません。

 

イガミ釣りの定番えさ スガニ

 

こんなのいかがでしょうか。

スガニを活かしておく“ボッツリ”です。

子どもの頃、竹で編んだものを物置で見たことがありますが、時代は変わりました。今は樹脂です。

店頭では台所用ネットにスガニを入れてお渡ししておりますが、釣り場では逃げてしまわないように神経を使います。

 

でもこれがあれば安心。直射日光でスガニが弱らないように、たまに海水をかけてやる手間も、ボッツリごと海へ浸けてやれば必要なくなります。

しかもフタにもヒモが通っているので手が滑ってフタだけ海へポチャンの心配もありません。

 

 

 

きょうは大量のホンダワラを在庫しております。

 

明日は波1.5m→2mの予報です。

スガニとホンダワラを持って、いざ・・・