青物回遊魚が海面を波打つ、すさまじい「なぶら」

白浜町の日置沖磯にてハマチ数千匹のナブラ。

小魚を追って海面を波打つ青物回遊魚の巨大な群れ。

日置ではこの時期、海全体が波打つナブラ現象が起こるそうです。

今後のイシダイ、アオリイカ、キス釣果見込み

底物釣りは3月27日は過去のデータでは新月まわりの大潮なので石鯛釣りに適しています。

この前後1週間は狙い目です。

4月6日は月夜となり、満月の前後1週間は夜間に潮が動き前後2週間は絶好のアオリイカ釣り期間となります。

例年だと4月9日には水温がみなべ町周辺で18℃なり春の潮となり、キス(シロギス)とアオリイカが

アタリが上向きます。

更に1週間後に水温が1度上がりアオリイカ釣りの最盛期となり、他に小アジの回遊が始まり

キス釣りも本番に入ります。

イシダイ釣りのエサのウニも一気に動きはじめる時期に入ります。

毎年4月に入るとアオリイカは、白浜町よりみなべ町周辺が連れ出すようになります。

4月15日頃には田辺磯間の黒田渡船さんで大型アオリイカが釣れ始めるころとなります。

以上はあくまで前年までのデータであり、ご参考までに。

 

今最もホットな青物回遊魚釣りスポット、白浜町富田(とんだ)浜

先週末は一人平均5本ほど釣った、というほど爆釣しました。

イワシが青物魚に追われて砂浜に打ち上げられる状態だそうです。

今年は青物回遊魚が多いので、しばらく期待できるかもしれません。

吉田釣り場付近はグレ(メジナ)や、時期になるとサヨリが湧くことでも有名なカゴ釣り場。

チヌなら河口付近で一年中狙えます。

とにかく2キロほどあるので、歩くのはちょっと大変ですが、その分ゆったりと竿が出せるのが魅力。

あると便利なヤエン収納ケース 【アオリイカ釣り道具】

ヤエンは重ねると針に掛って面倒なことになりがちですが、ケースを使えば問題ありません。

ハードタイプとソフトタイプがあります。

うまるちゃんのお持込釣果 53cmクエ

 

釣った日時:3/30 19時頃

場所:イコギ

釣り方・ズボ・イカ

コメント:今日はマダイいませんw

マダイとクエどっちが高級?w

白浜店にお持込頂きありがとうございます。

 

釣堀のませ用エサ 活けマイワシ大好評販売中 1匹160円

活けアジと比べ弱りやすいが良く動き、アピール力があるので食いつきがいいと評判のマイワシ。

どうしようかな?と思ったら半分アジ、半分イワシという方法もあります。

3/30 浜中渡船さん釣果

 

南部からお越しの三尾さん
釣り場所は大イナヤ
グレ33~36cmまでを3匹
釣り方はフカセ釣り
餌はオキアミ

 

 

3/30 宮本・道本・大崎くん ガシラ釣果

日時:  3月 30日 16時 頃
釣った場所:みなべ堺提防
釣り方:穴釣り
エサ:オキアミ
魚種・大きさ:ガシラ ~22.5cm 
匹数:10くらい

みなべ店にお持込いただきました!お疲れのところありがとうございます!

3/30 田辺の舛丸さんの釣果

今日も落とし込み(アンダーベイト)でブリ83cmと88cm。メジロ72cm〜78cm 3本でした!ハリス14号。

ヤエン釣り竿と仕掛けで釣ったヒラスズキ90㎝

3月30日木曜日、活けマイワシを餌にのませ釣りで青物回遊魚狙いで白浜富田(とんだ)浜へ。

しかもヤエン釣り様のリール。道糸は4号。アオリイカ釣りに使っている竿仕掛け

そのもの。  😆 

殆ど奇跡かも。 

タモアミもなかったので、砂浜に落ちている棒切れをエラに差し込んで引きずり上げました。 

一生に一度の大まぐれでした。 

 

南紀和歌山の釣り情報は釣太郎